東大寺の春の風物詩「お水取り」始まる!

o-mizutori.jpg
【tankyu.hatenablog.com】より引用。

奈良県東大寺の二月堂で毎年行われている行事です。正しくは「修二会(しゅにえ)」といいます。毎年、3月1日から3月14日まで毎日行われます。お水取りが終わると春が到来するという言い伝えから春を告げる行事としても知れ渡っています。
この行においては、奈良時代から続く伝統行事であり、752年以来、途絶えたことがないそうです。お水取りは、東大寺を開山した良弁の弟、実忠が始めたと言い伝えられており、旧暦の時代は2月1日から行われて
いたので、二月に修する法会を踏まえて「修二会」と名づけられたそうです。二月堂もこの行を行った時期の2月からその名が付いたとされています。
人々に代わり罪を懺悔し、天下泰平や五穀豊穣を祈るこの行事は、行を執り行う「練行衆」の11人を選ぶことから始まり、良弁の命日である12月16日に練行衆が選ばれ、翌年2月20日にお水取りの前行の別火が始まる。練行衆は泊まり込みで本行の準備を行い、3月1日、練行衆は行列を組んで二月堂に向かい、本行を開始する。
本行中に練行衆は毎晩高さおよそ6メートルの巨大な松明(たいまつ)に火を灯し、二月堂に入り深夜まで祈りを捧げます。その際に独特な節回しの「声明」を唱えます。その声は音楽的に幽玄で響きがあり多くの人に親しまれています。
練行衆が二月堂入した後に燃え盛る松明は、二月堂の舞台の欄干に掲げられますが、このシーンがお水取りで有名な「おたいまつ」と呼ばれます。


スポンサーリンク





その松明から降り落ちる火の粉が無病息災をもたらすと言い伝えられているため多くの参拝客が集まってきます。本行のクライマックスは3月12日の深夜に「籠松明」がたかれ、練行衆は祈りの合間に、二月堂の下にある若狭井に水をくみに行きます。これがいわゆる「お水取り」の儀式ではないかと思います。
汲み上げた水は、「香水」と呼ばれており、本尊である十一面観音に供えられます。この本行が終了した3月15日には行事に使われた金襴の帽子を幼児に被せる儀式が行われ、この帽子を被ると健やかな子が育つと言われています。そのため、多くの子供連れが二月堂に多く訪れます。
最近は交通規制、入場規制がかかり、二月堂の境内まで行けない年が数年続いております。以前は家族5人で
この「お松明」を必ず見に行き、松明の燃えた枝などを持って帰っていました。確かに3月12日は特別な行事の日とされており、なぜか最近はいつもこの規制の日にぶつかってしまい、境内まで行けずにお参りも出来ずに、小さなお松明を眺めて帰っていました。今年は早めに観に行きたいと考えております。あの松明が二月堂の欄干を一気に走り、火の粉を撒き散らしていくさまは豪快で10本の松明を観ていて飽きが来ないのはなぜでしょうか?観るものをも幸せにする力があるのでしょうか。皆さんも奈良にお越しの際は是非一度観に行かれては如何でしょうか。


【関連記事】

⇒ ストレス社会!~自国尊重から共存世界の危機??~
⇒ NHK受信料!ワンセグ携帯受信契約不要判決に対し、総務省が調査要請?
⇒ 『パナマ文書』って何?『タックスヘイブン』って何??
⇒ 【北海道新幹線】新青森-新函館北斗間:2016年3月26日開業!!
⇒ 東大寺の春の風物詩「お水取り」始まる!